画像特化型のプラットフォームInstagramは、若い女性を中心に利用者が増加している人気のソーシャルメディア。Facebookの傘下となりInstagramストーリーズやライブ配信などユーザーと交流できる機能が充実してきました。

インスタグラム見る

十分マーケティング用のプラットフォームとして機能しているInstagramですが、パソコンのウェブブラウザからコンテンツの投稿ができません。これは多くのソーシャルメディアでキャンペーンを運用するマーケターにとってはちょっとしたマイナスポイント。

デスクトップでキャンペーンの戦略を練り良い画像ができたとしても、スマートホンに持ちかえてキャプションの転記やスマホへの画像の転送を行わなければなりません。コンテンツ作成作業に工程が1つ増えてしまうことは、忙しいマーケターにとって大問題です。

そこで少しでもソーシャルメディアマーケティングの作業を軽減するために、外部のマーケティングツールに頼りましょう。コンテンツ投稿を管理するものであったり、コンテンツの効果を測定するものであったり、ツールの役割はそれぞれです。

今回はInstagramの運用に役立つマーケティングツールを8つ紹介するので、気に入るものがあれば導入を検討してみてはいかがでしょうか?

Instagram運用ツールの種類は?

インスタグラム運用ツール
Instagram運用ツールを使用したことがない方は、そもそもどういったことができるツールが存在するのかご存知ないかと思います。

Instagram広告に関していうと、Facebook広告を管理するパワーエディタで管理・運用できます。しかしInstagramをマーケティングに利用しているのは、投稿するコンテンツで企業認知度の上昇やファンの増加を目標にしている企業がほとんどではないでしょうか。

今回紹介するマーケティングツールも「コンテンツ」と「ユーザー」に焦点を当てて紹介します。

コンテンツ管理ツール

コンテンツの予約投稿や編集、一括管理をウェブブラウザ上で行えるようにするのがコンテンツ管理ツールです。前述したようにInstagramの公式プラットフォームでは、ウェブブラウザを通してコンテンツの管理ができません。基本的にスマートホンでの利用を想定しているのか、ストーリーズやライブ配信もスマホで閲覧する形です。

しかしコンテンツ管理ツールがあればパソコンからコンテンツの管理やスケジューリングが可能。Instagramマーケティングにかかるすべてのステップをパソコンで終わらせることができます。Instagramマーケティングでコンテンツ管理ツールは欠かせない存在ではないでしょうか。

交流管理ツール

交流管理ツール
交流管理ツールでは、ツールを通してインスタグラマーと交流ができます。他のユーザーへのコメントや投稿したコンテンツにきたコメントへの返信など、Instagramで出来る交流をツール上でも行えます。

交流管理機能はコンテンツ管理ツールや解析ツールに併せてついていることがほとんどです。

解析ツール

コンテンツの効果を測定できるのが解析ツールです。投稿したコンテンツに集まったいいねは通常よりも多かったか、どういった人が反応してくれたか、ユーザーやコンテンツを分析して様々なデータを提示します。

こういったデータがマーケティング進めていく上で重要になるので、合ったものがあれば解析ツールも導入しておきたいところ。ツールによってはフォロワーやターゲット層を分析して最適な投稿タイミングなどを知らせてくれるので、コンテンツの最適化に外せません。

Instagramインサイト

インサイト
出典 : Facebookヘルプページ:https://www.facebook.com/business/help/788388387972460?helpref=faq_content

外部のマーケティングツールを紹介する前に、まずはInstagramに実装されている分析機能「Instagramインサイト」を紹介します。Instagramインサイトは「フォロワー」と「投稿コンテンツ」を分析するシンプルな分析ツール。Instagramのアプリから使用できます。使用の際はアカウントをビジネスアカウントにする必要があるので注意してください。

インサイトはフォロワーがオンラインになる時間帯を示します。この情報によって、フォロワーがInstagramを見る最適なタイミングでコンテンツを投稿可能。多くの人にコンテンツを見てもらえるような戦略が立てやすくなります。

この機能の少しものたりないところは、データがスマートホンでしか見れないというところ。主な作業をパソコンでしている場合、視線をあちこちに飛ばさなければいけません。インサイトから得られるデータも多くはないので、足りない部分や不便な部分を他のツールで補いつつ運用することをおすすめします。
出典 : Instagramインサイトとはなんですか:https://www.facebook.com/business/help/1717645641840196

PONY(ポニー)

ポニー
出典 : PONY:http://beta.ponyapp.jp/
項目ごとにアカウントを分析するツールです。影響力や成長力など指標ごとにアカウントの存在感を可視化してくれるユニークな特徴を持っています。

指標別分析にアカウント分析、コンテンツ分析と分析に特化したツール。2017年3月時点でビジネス向けツールも個人向けツールも無料で利用可能です。パソコンとスマホどちらでも使えるので本腰を入れてパソコンで作業するときや、作業の合間にスマホでちらっと確認するなど柔軟に使い分けできます。

提供されている指標別項目では、さらに評価を高めるために「フォロワーを何人増やせば良いか」など具体的なアドバイスがもらえます。改善点を明確にしてInstagramアカウントの効果を高めたいときに使用してください。

さらにPONYはアカウントの運用代行や画像と動画の撮影代行など他にはない面白いサービスも提供しています。どのように運用していこうか迷っている場合は、相談してみるのも良いかもしれません。

INK361

ink361
出典 : INK361:http://ja.ink361.com/
INK361はコンテンツ管理ツールの1つ。大きな特徴は指定したグループのコンテンツを監視できること。コンテンツ管理だけでなく、市場や他社の動きを追跡するのに便利なプラットフォームです。無料プランで十分な機能を使える点が魅力。

INK361では所有アカウントのコンテンツ管理、他アカウントの検索、交流などの機能が使えます。さらに指定した検索ワードやハッシュタグでグループ分けして、指定した話題に関するコンテンツだけを集めることが可能。

企業を話題にしているグループや他社を話題にしているグループを作って、ユーザーの傾向などを監視できます。コンテストを運用しているなら、コンテストに反応している人だけ監視するという活用法もあります。

コメントやいいね、フォローもINK361上で出来るので、気になったユーザーやコンテンツがあればそのまま交流しましょう。

User Localの解析ツール

userlocal
出典 : User Local:http://insta.userlocal.jp
ソーシャルメディアマーケティングに便利なツールを多く提供するUser Localから、Instagramの解析ツールが提供されています。このツールは特にターゲット層の分析と、ターゲット層に反応が良い投稿やハッシュタグの解析が得意です。フォロワーの投稿を解析して興味を把握。フォロワーの好みに合わせた投稿ができます。

Instagramの運用で大事なのが、フォロワーがInstagramを見ている時間帯にコンテンツを投稿すること。フィード上でコンテンツが流れてしまって、フォロワーが見逃してしまうのを防ぐ効果があります。

User Localが提供する解析ツールにも、フォロワーがInstagramを使っている時間を解析する機能があるので、ユーザーのコンテンツ見落としを予防。

さらに同社がハッシュタグキャンペーンに参加した人の一覧をダウンロードできる機能は、ターゲット層のデータ蓄積にとても便利。特にキャンペーンに強い機能をそろえた解析ツールです。

buffer

buffer
出典 : bufferl:https://buffer.com/instagram
bufferはコンテンツの予約投稿ができるコンテンツ管理ツールです。Instagramのコンテンツ管理で少し手間がかかる部分は、完全な予約投稿ができないところ。Instagramは外部アプリからのコンテンツ自動投稿を許可していません。今のところできるのは半自動でコンテンツを投稿することです。

やり方としてはあらかじめ投稿したいコンテンツをbuffer上で作成し保存します。投稿したい日時を指定しておくと、その時間にスマホのアプリへプッシュ通知がきます。投稿を許可すると無事にInstagramへの投稿が完了するという仕組みです。

複数のコンテンツをあらかじめ作成して保存しておけるので、一週間分の更新を一日で終わらせておくこともできます。時間の節約に活用しましょう。

システム上どうしても投稿時間に通知を確認しなければいけませんが、あらかじめコンテンツを作っておけるというだけで、投稿当日バタバタと作業する必要がありません。投稿するときは許可するボタンをタップするだけなので、十分導入する価値のあるツールです。

Socialrank

socialrank
出典 : socialrank:https://socialrank.com
こちらはフォロワーを解析ができるシンプルなツール。マーケティングではターゲット層の設定やフォロワーの研究が大事だとよく言われています。フォロワーの趣味趣向は何か、行動パターンはどういったものか、フォロワーのことを知ることでマーケティング方法は大きく変化。アピールする層に合わせたマーケティング法の決定は、まず正確な顧客分析から始まります。

この消費者を分析する段階で役に立つのがsocialrankです。socialrankはフォロワーを取得して情報を管理するサイト。プロフィールの基本情報閲覧はもちろん、影響力の確認やその人が好むジャンルのタグも確認できます。

フォロワーの中で影響力のある順番や、企業アカウントとよく交流している順番など並べ替えも可能。フォロワーの中からインフルエンサーを探すことにも長けています。ここで表示された情報を参考にターゲット層を研究しましょう。

Twitterでも使えるので、Twitterのフォロワー分析にも活用してください。

minter.io

minter
出典 : minter.io:https://minter.io
minter.ioは投稿時期の把握が便利な解析ツール。フォロワーの推移やフォロワーの情報も提供されていますが、一番使いやすいのはやはり投稿時間を示したデータです。画像のように色が濃いところが最もフォロワーに閲覧されている時間帯。曜日と時間帯で詳細に分析しているので、投稿タイミングを1つだけではなく複数指定するのに便利です。

miter.ioの特徴は、投稿時間を示したデータのように目で見て分かりやすい作りになっていること。表示されるデータはグラフで提示されカラーで分かりやすく分けられています。こういった工夫は長く使う場合にストレスが少ないので、データの見やすさにこだわりがある方におすすめです。

人の集まる時間帯に投稿すればいいねやコメントが集まりやすいので、上手に活用しましょう。
分析データの中に「よく使うフィルター」という項目があるなど、他にはないデータもまとめられています。

Iconosquare

icono
出典 : Iconosquare:https://pro.iconosquare.com/
こちらもInstagramの運用を助けてくれる解析ツール。コンテンツのエンゲージメントを可視化して、どういったコンテンツがフォロワーに人気があるか分かります。今後のコンテンツ作りの指針になる大事な機能です。

こちらの解析ツールにもフォロワーがアクティブな時間を可視化する機能があり、適切な投稿タイミングを読み取ることができます。

Iconosquareではフォロワーだけでなくアカウント所有者がアクティブな時間帯も表示するので、フォロワーとアカウント所有者のズレを確認できます。改善点が分かりやすくなっているので参考にしましょう。

conosquareではInstagramのフィルターごとにいいね数やコメント数を表示するので、どのフィルターを使ったコンテンツが反応が良いか分かります。

群を抜いて反響の高いフィルターがあれば、企業の作成するコンテンツとマッチしているということです。他のカメラアプリで加工するときも、この結果を参考に似た雰囲気のフィルターを選んでみてはいかがでしょうか。

また、いままで使ったハッシュタグの中で人気のあるものを表示する機能があるので、キャンペーン用コンテンツの投稿やコンテスト運用の際に有効活用しましょう。

まとめ

まとめ
スマホアプリでコンテンツを管理していたマーケターも、外部ツールを使えばInstagramのコンテンツをパソコンで管理できます。1つの場所で多くの工程を完了出来たら時間と労力の削減になるはず。

スマホとパソコンをいったりきたりという単純作業は、積もり積もって大きな負担になってしまいます。Instagramマーケティングの運用を不便に感じているならマーケティングツールを導入して効率アップを計りましょう。

また効率だけではなくコンテンツの効果を測定することで、より成果を上げる改善策がみつかるかもしれません。エンゲージメント率を正しく測れていない場合は、解析ツールを導入してみてください。効果を最大化してより大きな反応を得ることができます。

紹介したマーケティングツールの中には無料のモノもあるので、トライアルの申し込みや無料ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事

ページ上部へ戻る